【第8回】投資家になる。

さぁ家計の支出の中で最も大きな無駄、保険を見直すことができました。

これによって毎月の貯金額が大幅に増やせることになったはずです。

私たちの家族の場合で言うと収入の1/3くらいは余裕資金ができる状態です。

じゃあその資金を使って投資を始めよう!!!

とは、なりません。

最低限の貯金はしておこう

まずは貯金から。私はリベ大の両学長をリスペクトしてるので同じ言葉を使わせてもらうと

最低限の貯金のことを生活防衛資金といいます。これは家族の生活に何かあった場合に緊急で必要になる最低限のお金のことを指しています。

病気やケガ、故障による修理費、修繕費等々自分が想定できる不測の事態に対する貯金ですね。

一般的によく聞く目安としては給料の6か月分といわれています。

私の場合は6か月分ではなく200万円と夫婦で話し合って決定しました。

この金額以上にたまったお金は余すことなく投資に回しています。つまり

投資とは自分の生活水準を維持したまま行う資産運用であると私は考えています。

病気やけがに対してかかる費用は前の記事で解説しているので参考にしてください。

口座を開設しよう

生活防衛資金もたまったら、さあようこそ投資の世界へ

証券口座を開設しましょう

私のお勧めするのは、というかこれしか使っておらず不便さを感じないのですが

楽天証券です。証券口座と一緒に銀行口座も作りたいのでまずは楽天銀行のホームページで銀行口座を開設します。

楽天銀行の口座開設は本人確認書類として免許証を2回スマホで撮影して添付し

必要事項(名前、生年月日、住所等)を入力して送信するだけですぐに口座開設が完了します。

銀行口座を開設する際に同時に証券口座も開設するという選択肢があるのでそれも選択しましょう。

必要事項1 楽天銀行申し込みページより
必要事項2 楽天銀行申し込みページより

必要事項3 楽天銀行申し込みページより

この時に1点だけ注意してほしいのがキャッシュカードを作成する際は

必ず一番下の何の機能もないキャッシュカードを選択してください

必要事項4 楽天銀行申し込みページより

楽天スーパーローンは申し込まないを選択、TOTOも登録しない。楽天証券口座に申し込むは選択しておいてください

あとは職業を選択して、ちょっとした同意にOKをしたら運転免許証等を撮影してアップロードしたら手続きは完了だと思います。

というのも自分でやってみようとしたらすでに開設しているので先に進めませんでした。すみません。

楽天銀行とした楽天証券を開設するメリット

銀行と証券口座を開設するメリットはいくつかあります。

銀行口座と証券口座を紐づけるマネーブリッジを設定すると銀行口座の普通預金の金利がおそらく全国の銀行と比べて高く0.1%となっています。

また証券口座に入金をしていなくても株式や信託商品を購入する場合自動的に楽天銀行の口座から移動して購入できるので実質1つの口座を管理するだけなので非常に楽です。

また楽天会員になるので楽天のサービスを多く利用することで楽天市場での買い物のポイント還元率がどんどん大きくなります

これに関してはのちのち楽天経済圏のお話として1つの記事を作成する予定です。

口座が開設されると

申し込み完了後2週間くらいで楽天からA4サイズの封筒が送られてきてその中に

初回ログインIDとパスワードが入っていると思います。

確か銀行であればログインIDは口座番号と支店コードを合わせた数字

パスワードが指定の初期パスワードが記入されていると思います。

ログイン画面にIDとパスワードを入力したら、自分でIDとパスワードを再設定

秘密の質問と答えをいくつか設定しなければならなかったと思います

お疲れさまでした。これで初期画面を見れるようになると思います。

一方証券口座の方は初めからログインIDとパスワードが決められており

いつでも変更できるようになっていたはずなので最初に届いた用紙のIDとパスワードは変更しないのであれば必ず保管しておきましょう。

まとめ

まとめ
  • 投資を始める前には生活防衛資金を用意しよう
  • 初めての口座開設は楽天銀行と楽天証券を同時開設するのがおすすめ
  • 銀行と証券のIDとパスワードがごちゃごちゃにならないようにしましょう

以上がざっくりとした口座開設の流れになってます。

初めての人には多少面倒な作業だと思いますが投資家としての第一歩なのであわてずにやりましょう

投資にはリスクが伴います。そのリスクを許容できるように必ずこれだけあれば生活は破綻しないという貯金は絶対に用意しておきましょう

投資をギャンブルにしないようにするための生活防衛資金です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事