【第93回】526万円の運用結果は?VYMの報告

米国高配当ETFの御三家と呼ばれるVYM。

私が養子になった家の資産で約526万円分保有しています。

今回は現在の運用状況をまとめてみましたのでVYMの運用の判断にしていただけると幸いです。

VYMとは

VYMとは資産運用会社であるバンガード社が運用する上場投資信託(ETF)です。

組み入れ銘柄は407銘柄と高配当ETFとしてはかなり多く非常に分散性が高い銘柄です。

概要

運用会社バンガード
運用資産38.108億ドル(約3.8兆円)
組み入れ銘柄407銘柄
VYMの概要

上位組み入れ銘柄

名称割合業種
JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー3.56%銀行
ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)3.37%医療
ホーム・デポ2.59%生活消費材
プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)2.56%生活消費材
バンク・オブ・アメリカ2.33%銀行
コムキャスト2.05%メディア
ファイザー1.90%医療
シスコシステムズ1.84%情報テクノロジー
エクソンモービル1.71%石油
ベライゾン・コミュニケーションズ1.69%通信
VYMの上位組み入れ銘柄

株価の値上がり益が大きい

VYMは配当金をもらえるだけなく、株価自体の値上がり益も大きいのが特徴となっています。

実際にHDV(ピンク線)、SPYD(青線)と過去5年間での値上がり率を比較してみると大きな差が見られるのがわかると思います。

運用結果

総投資額は50,362.38ドルで日本円換算で約526万円相当です。これが現在の評価額で62,766ドルになっており評価額は+12,403.62ドルになっています。

これをこれまでに受け取った配当金1234.38ドルを合計して総合利回りを計算すると+27%の利回りとなっています。

VYMの現在の損益
入金日銘柄コード単価[円/現地通貨]数量[株/口]受取金額[円/現地通貨]
2021/6/28VYM0.7523600$323.73
2021/3/29VYM0.6564500$235.39
2020/12/28VYM0.8096500$290.32
2020/9/29VYM0.7053405$204.88
2020/6/29VYM0.8368300$180.06
合計$1,234.38
これまでのVYMによる配当金

これからの方針

最近のバブル相場では正直積極的な買いに走ることはできません。

ただし、このまま右肩上がりをし続けるとただの機会損失にもなってしまいます。

どちらにせよ買った時に後悔しなように動機付けが非常に重要かと思います。

そのバランスを常に考えながら購入タイミングを図っていくといいと思います。

ずっと右肩上がりで機会損失の可能性も
動機を考えておく
  • 買う動機:チャートが常に右肩上がりなら現在値が最安値
  • 買わない動機:暴落時に購入できれば安く入手できる

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事