【第107回】ついに改悪!?SPGアメックスが廃止に!新たなマリオットカードを解説します。

先日、自宅に一通の冊子が届きました。

中身を読んでみると

はるさめ
あれ?SPGアメックスがなくなってマリオットカードになります?年会費約5万だと、、、

しかし、熟読してみると意外にもこれはというような内容でしたので詳しく掘り下げてみようかと思います。

この記事を読むべき人
  • SPGアメックスを利用している人
  • SPGアメックスを検討している人
  • 旅行が好きな人
  • 陸マイラーの人
  • 年間の支出が400万をこえる人
  • 副業をしている人
  • マリオットグループのプラチナエリートになりたい人

SPGアメックスとは

過去の記事でも解説はしていますが、SPGアメックスとはマリオットヴォンヴォイグループが発行する旅行特化型のアメリカンエクスプレスのクレジットカードです。

詳細は過去の記事を参照してもらいたいですが、簡単に特徴を記しておきます。

SPGアメックスが廃止に

結論から言えば、現在のSPGアメックスのカードは2022年2月24日をもって新規発行は廃止されることになりました。

それ以降はMarriot Bonvoyアメリカンエクスプレス【プレミアム】カードMarriot Bonvoyアメリカンエクスプレスカードの2種類のカードに別れることになります。

Marriot Bonvoyアメリカンエクスプレスプレミアムカードの特典とその内容

ではまずMarriot Bonvoyアメリカンエクスプレスプレミアムカードとはどういったものなのか、また注目すべき点はどこなのかを解説します。

Marriot Bonvoyアメリカンエクスプレスプレミアムカード
基本カード会員49,500円
家族カード会員1枚目無料
2枚目以降247,50円
Marriot Bonvoy系列でのカード利用100円につき6pt
日々のカード利用100円につき3pt
宿泊実績15泊分の実績プレゼント
無料宿泊特典年間150万円利用で50,000ptまで1泊無料
通常ランクゴールドエリート
ランクアップ条件年間400万円利用でプラチナエリート
リッツカールトンorセントレジス2連泊以上すると100$分のプロパティクレジット
注目すべき点
  • 年間150万円以上の利用ではじめて無料宿泊特典が利用可能になる
  • 年間400万円以上の利用でプラチナエリートになることが可能になる

これまではこのカードを保有しているだけでゴールドエリート会員+無料宿泊特典を利用できていたので旅行好きの人は誰もが持つべきカードでした。

これに年間150万円以上の利用条件が追加されたことで改悪という結果になりました。

一方で、年間400万円以上の利用をすることでプラチナエリートになることが可能になるという点では改良というべきではないかと思いました。

プラチナエリートの主な特典
  • 無料の朝食を含むウェルカムギフト
  • ラウンジの無料利用(軽食、アルコールあり)
  • 一部スイートまでの無料アップグレード
  • 午後4時までのレイトチェックアウト
  • 宿泊時50%のポイントボーナス

現在プラチナエリートになろうとすると年間50泊するかプラチナチャレンジで3ヶ月以内に16泊するしか方法がありませんでした。

そこにもう一つ手段が追加されたことでプラチナエリートへの門戸が開かれたのでは?と感じています。

普段使いのカードとして用いれば年間の支出が400万円を越える人にとってありがたい条件かと思いました。

年間400万円の利用を達成するには?
  • 生活費全てをプレミアムカードで決済する
  • せどりなどの支払いの多い副業用に用いる

ただプラチナチャレンジがもしかすると廃止になるのではないかという疑問は残ります。この辺りは公式サイトの情報を追っていきます。

Marriot Bonvoyアメリカンエクスプレスカードの特典とその内容

では次に新たに登場したもう一つのMarriot Bonvoyアメリカンエクスプレスカードについて解説していきましょう。

Marriot Bonvoyアメリカンエクスプレスカード
基本カード会員23,100円
家族カード会員1枚目無料
2枚目以降11,550円
Marriot Bonvoy系列でのカード利用100円につき4pt
日々のカード利用100円につき2pt
宿泊実績5泊分の実績プレゼント
無料宿泊特典年間150万円利用で35,000ptまで1泊無料
通常ランクシルバーエリート
ランクアップ条件年間100万円利用でゴールドエリート
リッツカールトンorセントレジス2連泊以上すると100$分のプロパティクレジット

こちらは年会費が少し安くなった分、特典もややマイルドになった印象です。

そしてプレミアムカード同様に普段使いすれば、十分にゴールドエリートは維持できるのではないかと思います。

少なくとも固定費の引き落としをこのカードにすれば十分にゴールドエリートは狙えますね。

また、前述のプラチナチャレンジがあればプレミアムカードよりも安価にプラチナエリートになることも可能だと考えられます。

まとめ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事