【第55回】体が資本!お金よりも大切な健康の維持に必要なもの

皆さんは自分がもしも人生で1台の車にしかのれなかったら、その車をどう使いますか?

定期的なメンテナンスを行い、故障したら修理をしますよね?

また、車そのものを大切に扱い、事故をおこさないように安全運転に努めると思います。
つまり大切に使って長持ちさせようとするはずです

ではこれを車ではなくてあなた自身の体だと考えてみてください。実際に自分の体に気を使って生活できているでしょうか?これは有名な個人投資家であるウォーレンバフェットの言葉です。

株式以上に自分の心身が資本であると当たり前のことなのですがかなり重要なことです。

何のメンテナンスも行わずに40や50歳になってから体を気にし始めるようでは遅いのです。その体はすでにガラクタになっているかも知れませんからね。

今回はこの健康を維持するために私が毎日欠かさずに行っている習慣を紹介していこうと思いますので是非参考にしてみてください。

手洗いとうがい

これはもう古から伝わる基本中の基本ですね。外出後にこれをせずして家の中に入るようなことは絶対にしてはいけません。

手洗いの効果

手洗いは手についた細菌やウィルスを洗い流す効果があります。そして石鹸を使うことが推奨されています。

ツイッターで一時期かなり話題となった写真が参考になると思います。食パンに複数の条件下で触ったものを同じ環境に置いてどれだけバイ菌が増えるかを実験した写真です。

条件
    1.キーボードを拭いたパン
    2.何もしていないパン
    3.乾いた手で触れたパン
    4.石鹸で洗った手で触れたパン
    5.アルコール消毒した手で触れたパン

どうでしょうか?キーボードを拭いたパンがめっちゃ汚いのはよくわかりますが注目して欲しいのはアルコール消毒した手で触れたパンも少し汚くなっていることです

つまり、アルコール消毒だけでは手についた細菌やウィルスを完全に取り除くことが不可能であるといことです。

一方で石鹸で洗った手はどうでしょうか?かなり綺麗なままになっていますよね。これが手洗いの効果なのです。

うがいの効果

ではうがいはどうなのでしょうか。うがいは一見するとのどに付着した細菌やウイルスを洗い流すイメージで行っていますが実際はそのような効果はありません。

そもそも喉についた細菌やウィルスは30分程度で体の中に入っていってしまうので、家に返ってからでは遅いのです。

ではなぜうがいをしなければならないのでしょうか。それは口の中の環境を綺麗に保つためです

近年の研究では口の中が清潔であると免疫力が高まりがん予防にもつながっているとも言われ、注目が高まっています。

そして口の中の環境を綺麗に保つために手っ取り早くできることがうがいなのです。ただしあくまで風邪をひきにくくするというだけで新型コロナウィルスやインフルエンザを予防できるエビデンスはないので過信しないように。

そのためうがいというよりもむしろマウスウォッシュをすべきだと思っています。私は辛くて続けられませんでしたが妻はリステリンを使ってうがいをしています。

R-1を飲む 

これはユダヤの法則といわれている数字に関する話なのですが、多くの出来事や物事は78:22という割合で成り立っているということを聞いたことはありますか?

例えば、世界中に存在するお金の78%を所有するのは全人口の22%であるとかそういった話です。身近なところですと空気の組成や人間の水分、そして腸内の善玉菌と悪玉菌の割合も78:22といわれているそうです。

身近な78:22
  • 空気の78%が窒素
  • 人間の78%が水分
  • 腸内の善玉菌と悪玉菌の割合は78:22

有名な数字の法則にはパレートの法則や働きアリの法則などがありますがもとはこのユダヤの法則から考えられているともいわれているようです。

 

そしてこの善玉菌と悪玉菌の割合の話に関していえばこのバランスが崩れたときに人間は風邪をひきやすくなるともいわれています。また、むくみや肌荒れ便秘なども現れやすく、がんのリスクも高まるそうです。

実際に日本人のがんによる死亡のなかで男女ともに大腸がんがトップ3に入っています。私自身日常業務の中でも大腸がんの方を見かけることも多いし、よく転移や再発をするために一度治療しても安心できないのが大腸がんの怖いとこだなと思っています。

このことから腸内環境を正常に保つことは風邪だけでなくがんによる死亡リスクをも下げる可能性があると言えるのです。

だいたい1本120円で買えて毎日飲むと月々3,600円です。近所では一番安くてドン・キホーテに1本98円で買えるのでなるべくそこで買うようにしています。ただし賞味期限が店によっては10日程と短く、あまりストックができませんので気を付けてください。

種類はいろいろとありますが私は甘さが控えめの低糖タイプを定期購入しています。

デンタルフロス

これも口内環境を清潔に保つために毎日行っています。

そもそも毎日歯磨きをやっていれば問題ないと思われてしまいそうですが、実は歯磨きだけでは歯垢は60%程しか除去できていないと言われているそうです。

実際に歯磨きの後にデンタルフロスを使ってみると驚くほど歯垢が残っていることが実感できると思います。

というより初めてデンタルフロスを使用したときにとれた歯垢が臭すぎて毎日絶対やろう!と固い決意をすると思います、、、

デンタルフロスを併用して歯磨きを行うことで歯垢の除去率は80%まで上がると言われています。(100%じゃないんだともう程歯垢が取れますよ)

おすすめはクリニカのデンタルフロスY字タイプです。これはフロスがY字になっているためおそらくどのデンタルフロスよりも奥歯の歯垢の除去がしやすいです。

アマゾンの定期お届けで1本13円のコストなので月々で390円となります。

まとめ
  • 手洗いでばい菌の繁殖を防ぎうがいで口の中をキレイに保つ
  • R-1を毎日飲んで腸内環境を整える
  • デンタルフロスでさらに口の中をキレイに保つ

はるさめ
これらを始めてからは病気で仕事を休んだことはありません。
健全な体にこそ健全な精神が宿ります。体に気を付けて豊かな人生を歩んでください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事