【第59回】3大キャリア5G料金プランが出揃いました

2021年1月ついにauが5Gの料金プランを発表したことで3大キャリアの料金プランが出揃いました。

これら3大キャリア+楽天アンリミットの料金プランを比べつつ今後どのように回線を運用していくかを検討していきます。

ドコモ新プラン ahamo

まずはドコモの新プランahamo(アハモ)20GBまでの通信料が2980円/月となっています。

また通話料は5分までの国内通話料は無料でそれ以降は20円/30秒となっています。

20GBの通信容量を超えた場合は1Mbpsの速度制限がかかりますが1GBあたり500円で追加することができます。

また通話のカケホーダイオプションは月1000円で追加することもできるようです。

ソフトバンク新プラン SoftBank on LINE

つづいてソフトバンクの新プランSoftBank on LINE20GBまでの通信料が2980円/月となっています。

他社との違いとしてはLINEと提携している点でLINEを使用する通信量は基本の20GBには含まれないという点です。

それ以外に関してはahamoと同様の内容なので割愛します。

au新プラン povo

最後にauの新プランpovoは20GBまでの通信料が2480円/月となっています。

最後に新プランを出しただけあって選択肢がいくつかあるのがauの特徴でこれをトッピング(笑)と呼ぶようです

5分までの通話料無料は月500円で追加できる。また、20GBの通信容量を200円追加することで24時間のみ制限をなくすことができるのが現在出されているトッピング内容です。

報道発表資料より引用

結局どれが良いのか

だいたいが似たようなプランになりましたが結局のところどの会社のプランに入るべきなのか検討してみました。

結論からいえばソフトバンクは論外でドコモとauのどちらかを使用目的によって分かれるだろう考えました。

ahamoは海外利用でも同じプランが適応される

実はahamoの公式サイトには記載されていませんでしたが報道発表用のサイトにははっきりと82カ国でも同様のサービスが適応となると明記されています。

これはドコモのみしっかりと明記されており海外に頻繁にいく人にとっては非常にありがたいサービスなのではないかと思います。

現在はコロナ禍で海外にいく機会というのはほとんどないとは思いますがいずれこのプランの需要が高まる時は来ると思います。

ahamoのサービスが適応される国一覧

自身の選択

私は今現在楽天アンリミットを契約しており1年間の無料期間中なのですぐに移行する気はありません

この無料期間中に各社の5Gの通信の質を判断してauかドコモに移行していこうと考えています。

もし5Gの質がよければ自宅の光回線を即解約して全てのPC等はテザリングで使用していきたいと思います。

もしくは将来的に海外旅行を年に1回以上は行く予定なのでahamoでもいいのかなとも思っています。

そして光回線の通信料が浮いた分を考えてかけ放題も使いしても家計には影響はないだろうとも考えています。

もし全く通話を利用しない生活であればauのプランでも十分かとは思います。

今後の方針

 まとめ

  • 3大キャリアの5Gプランがそれぞれ出揃った
  • 価格およびサービスを比較するとドコモもしくはauの2択と思われる
  • 5Gの回線の質をみて光回線も解約すると家計の固定費を下がられる余地がある

はるさめ
これから楽天モバイルがどんなサービスを展開してくるかも楽しみですね

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事