【第75回】旅行系最強種のクレカ、SPGアメックスでお得にマリオット系列に泊まろう
スポンサーリンク

はるさめ
今回は、旅行好きなひとのためのクレカの紹介だよ

旅行にはそもそも2種類に分けることができます。

1つは自分の足を使っていろんな名所を巡る観光旅行

もう1つはホテルにとどまりゆったりとした時間を過ごすリゾート旅行

私はどちらかというと後者が好きで、今回紹介するSPGアメックスカードはリゾート旅行向けのカードになっています。

今回の記事の趣旨
  • 高級リゾート系ホテルであるマリオット系列の紹介
  • マリオットグループのゴールド会員になれるSPGアメックスの解説
  • SPGアメックスを使った有効なホテルの利用法とマイルの貯め方の解説

マリオットヴォンボイとは

マリオット系列ホテルは世界に約6500のホテルを保有する超大規模なホテルグループです。

日本各地にも系列ホテルは71とかなりありますので国内旅行がメインの方でも利用価値は非常に高いカードになっていると思います。

そしてこのマリオットグループとアメリカンエクスプレスが提携するクレジットカードこそが今回紹介するSPGアメックスカードなのです。

SPGアメックスカードの特典

SPGアメックスを保有することでの特典は非常に多いです。

SPGアメックスの特典
  • マイル還元率が高い
  • 1年に1回利用でポイントの有効期限が実質永年有効
  • カード利用2年目以降から1泊2名が宿泊無料
  • マリオットボンヴォイのゴールドエリート会員になる

マイル還元率が高い

マイルとは各航空会社のマイレージポイント制度のことで共通語としてマイルと呼ばれています。

日本ではANAとJALが有名どころですね。

SPGアメックスでは通常利用の場合100円で3ポイントのマリオットポイントがたまり、さらに系列ホテルの利用やホテル内の施設利用をした場合、100円で6ポイントが貯まります。

ここからマイルに変換するときには「3ポイント→1マイル」になるため、通常利用では100円で1マイル

系列ホテルでは100円で2マイル貯まる計算になります。

さらに60000ポイント貯めてからマイルに変換するとボーナスで5000ポイントがもらえるため非常に高還元率になります。

比較としてJALカードとANAカードとの還元率を比較してみましょう。

SPGアメックスのマイル還元
  • 通常利用で100円で1マイル分のポイント付与
  • 60,000ポイントを一気にマイルに変えるとボーナスで5,000ポイント付与
  • 100円=1.25マイル分となり高還元率になる

JALカードの場合

カード 年会費 付与率
JAL普通カード 2,200円 200円=1マイル
JALカードSuica CLUB-Aカード 11,000円 200円=1マイル
JALカード CLUB-Aゴールドカード 17,400円 100円=1マイル
JAL アメリカン・エキスプレス・カード プラチナ 34,100円 100円=1マイル

このようにそれぞれの会社のゴールドもしくはプラチナカードをもってしても通常利用によって貯まるマイルの還元率はSPGアメックスに軍配が上がります。

もちろん各社の航空便を利用した場合は還元率はもっと上がります。

あくまで通常利用の場合の比較ですから注意してください。

ANAカードの場合

カード 年会費 付与率
ANA VISA Suicaカード 2,200円 200円=1マイル
ANA JCB ワイドゴールドカード 15,400円 100円=1マイル
ANA To Me CARD PASMO JCB GOLD 15,400円 100円=1マイル
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 34,100円 100円=1マイル

1年に1回利用でポイントは永年有効

通常のクレジットカードの場合、カード利用日に発生したポイントごとに1~2年間の有効期限があります。

しかしSPGアメックスの場合、これまでにたまっていたポイントも含めて最後にカードを利用した日から1年間の有効期限になります。

つまり1年に1回SPGアメックスを利用していればポイントは永年有効にすることが可能になります。

カード利用2年目以降から1泊2名が宿泊無料

そしてこのカード最大の魅力であるのがこの特典です。

1年目はありませんが2年目以降にカード会員費用(34,100円)を支払うとマリオットグループのポイントが50000Pt付与され、このポイント内であればマリオット系列ホテルを無料で宿泊することができます。

サイトの表を見るとオフピーク時(閑散期)であればカテゴリー7までのホテルが無料で宿泊できることになります。

この特典のおかげで年会費分でこれらのホテルに宿泊できると考えるとおすすめせざるを得ないですね。

ホテルカテゴリーオフピークスタンダードピーク
15000750010000
2100001250015000
3150001750020000
4200002500030000
5300003500040000
6400005000060000
7500006000070000
8700008500010000
カテゴリー別 必要なポイント

日本のカテゴリー7のホテルはこちら

マリオットボンヴォイのゴールドエリート会員になる

マリオットグループには会員区別が存在します。

5段階の会員クラスが存SPGアメックスを持つと自動的に下から2番目のゴールド会員になります。

他の会員クラスと特典はこちら

会員クラス必要条件
シルバーエリート年間10泊
ゴールドエリート 年間25泊
プラチナエリート 年間50泊
チタンエリート 年間75泊
アンバサダーエリート 年間100泊+利用金額20,000$

下から2番目のゴールドでも通常だと年間25泊しなければならないので結構大変です。

しかしSPGアメックスを保有すればゴールドエリートから始めることができます。

また、ゴールドエリートによる特典は以下の通りです。

ゴールドエリートの主な特典
  • 宿泊時ボーナスPt25%付与
  • 空室時、客室アップグレード(スウィート除く)
  • 14時までのレイトチェックアウト
  • インターネット高速回線
  • ウェルカムギフトとしてPt付与(500~1000)
  • ホテル内レストラン15%OFF+1ドルにつき10Pt付与(アルコール除く)
  • 大人1につき6歳までの子供2人が朝食無料

中でも客室アップグレードが結構魅力的な特典となっています。

このマリオット系列のホテルは部屋ごとにも特典がことなり、アップグレードされた部屋ではラウンジの利用料金が無料になります(通常3000円前後)

このラウンジが併設されていないホテルもありますが、カテゴリー5以上のホテルであればほとんどあります。

一応自分が宿泊する際には調べておく必要がありますので気を付けてください。

このラウンジでは朝食、軽食、アルコールなどが追加料金なしで楽しむことができます。

プラチナエリート以上の会員であればどの部屋に宿泊してもラウンジを無料で利用できますが、ゴールドの場合ではアップグレードによる特典でしかラウンジ無料の恩恵は受けられません。

なのでアップグレードが適応されたらもう一つ段違いな宿泊を楽しめると思います。

マイルを貯めて無料宿泊で全てタダ

これまでに紹介した特典などをすべて駆使することでお得に旅をすることが可能です。

例えば東京ー沖縄間をJALで沖縄シェラトンに宿泊する場合を想定してみます。

東京ー沖縄の往復に必要なマイルは15000マイルです。各区間での必要なマイルを調べる

15000マイルを貯めるには年間で120万円のカード利用が必要です。

これは月々10万円で達成できるため生活に関わる費用をすべてこのカード利用をすれば毎年ほぼ無料で沖縄旅行をすることができるのです。

紹介プログラムの利用で最大36000ポイント付与

SPGアメックスのカードには紹介プログラムがあり、発行して3か月以内に10万円以上の利用で最大36000ポイントのボーナスポイントが付与されます。

かなりお得な入手方法になっているため、身近な人にSPGアメックスを持っている人がいる場合はその方から紹介してもらうとお互いにありがたい思いができます。

もしそういった方がいない場合は私自身の紹介プログラムを利用していただけると幸いです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事